自己紹介 Introduction

はじめまして、大矢根 蒼(Oyane, Aoi)といいます。学部で学んだことを活かしつつ、新しいことをどんどん吸収していこうと思っています。

創意工夫することが、なによりも好きです。

小学生以来のモットー「ないものはつくる、ないものをつくる」を、研究でも心がけています。


尊敬する人はレオナルド・ダヴィンチです。

休日の息抜きの趣味は、雑貨店めぐり・本屋めぐりです。

研究内容 Research

●取り組み分野

ワイヤレス電力伝送の原理研究

メガヘルツGaN-HEMTインバータと絶縁ゲート駆動回路

高周波パワー用制御回路

大電流DC-DCコンバータの小型・高効率化

複合一体化磁気部品

GaNパワーモジュール

異分野の知見による共振回路の応用

スイッチング回路トポロジー

インピーダンス変換回路



●発表・論文



[1] “12V Double-Ended Active-Clamp Forward Converter Realizing Large Output Current and Downsizing by Using Integrated Magnetic Components” Aoi Oyane, Tatsuya Aoki, Masayoshi Yamamoto, Jun Imaoka, Takashi Hyodo, Yuki Ito, Hironori Tauchi, ICMaSS 2019, Oral


[2]「一体化結合磁気部品による12V両端整流型アクティブクランプ・フォワードコンバータの大電流化と磁気部品の小型化の実現」大矢根蒼、青木達也、山本真義、今岡淳、兵頭貴志、田内宏憲、伊藤勇輝、(2019-09)令和元年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会 口頭発表


[3] “Soft-Switching Control Circuit Based on Traveling and Reflected Waves for High-Frequency Resonant Inverter Applicable to Capacitive Load Impedance” Aoi Oyane, Koji Itakura, Kazuhiro Umetani, Eiji Hiraki, Tatsuya Ikenari, Shingo Kawano, (2018) IECON’18 at Washington DC, Oral


[4]「光パルス検出用IC”LIDARX”のシングルイベント特性評価実験」小川誠仁、水野貴秀、梅谷和弘、千秋博紀、大矢根蒼、池田博一、川原康介、(2018-01)『第18回宇宙科学シンポジウム講演集』レポートNo.P-179 刊行:宇宙航空研究開発機構(JAXA)、宇宙科学研究所(ISAS)



●学部卒業研究

「負荷が変動する共振インバータのための反射波観測にもとづく制御手法」


工学研究科電気工学専攻
未来材料・システム研究所 
未来エレクトロニクス集積研究センター


copyright© 2019 Nagoya University POWER ELECTRONICS LABORATORY All Rights Reserved.