Hosotani

研究課題

研究課題:高周波電力変換回路モジュールと産業応用技術開発 High frequency power conversion circuit modules and industrial applied technology development

自己紹介

細谷達也 Tatsuya Hosotani, Ph.D. 未来材料・システム研究所 未来エレクトロニクス集積研究センターシステム応用部 客員教授 1995年同志社大学大学院博士課程前期(修士)修了、同年株式会社村田製作所入社、現在に至る。プリンシパルリサーチャー。博士(工学)。2018年より名古屋大学客員教授。2007年~2016年同志社大学大学院客員教授、2016年~2017年同志社大学大学院嘱託講師。主に、パワーエレクトロニクス機器の開発に従事。パワエレ・イノベーターとして活動中。電源システム開発の第一人者。ワイヤレス給電システム開発のパイオニア。産業では、共振形電源開発により薄型テレビの世界的普及に貢献。学術では、高周波パワーエレクトロニクスや共鳴ワイヤレス給電の学問領域を開拓。共創では、日本発のワイヤレスパワーマネジメントコンソーシアムを発足、企業チーム活動を先導。組織運営では、認定コーチとして組織チーム論を展開。 <特許権等知的財産権> 日本国出願特許数197件、外国特許出願数322件(2021年7月15日現在)。

工学研究科電気工学専攻
未来材料・システム研究所 
未来エレクトロニクス集積研究センター


copyright© 2019 Nagoya University POWER ELECTRONICS LABORATORY All Rights Reserved.