自己紹介 Introduction

はじめまして、大矢根 蒼(Oyane, Aoi)といいます。

創意工夫することが、他のなによりも好きです。

座右の銘は「制限するな工夫せよ」。


尊敬する人はレオナルド・ダヴィンチです。

研究内容 Research

●取り組み分野

ワイヤレス電力伝送系の原理研究

高周波大電力GaNインバータ(13.56MHz, 3kW)

高周波パワー制御回路

大電流DC-DCコンバータの小型・高効率化

複合一体化磁気部品

異分野の知見による共振回路の応用

スイッチング回路トポロジー

インピーダンス変換回路



●研究の様子




●発表・論文(筆頭)

[11]「GaN トランジスタを用いた 13.56MHz ハーフブリッジ正弦波共振インバータによる高出力 2.8kW の達成」大矢根 蒼、セナナヤケティラク、今岡 淳、山本 真義 2021-8-25 令和3年度電気学会産業応用部門大会 口頭発表 1-12 R1-3


[10]「[依頼講演]反射波を受電可能とする電界・磁界併用の走行中ワイヤレス給電」大矢根 蒼、蔵本 大樹、大野 広道、山本 真義 2021年3月5日 電子情報通信学会 無線電力伝送研究会(WPT) 口頭発表 WPT2020-47, pp.67-72


[9]「ヘリカル共振器の活用による電界共鳴ワイヤレス給電の伝送効率の向上」大矢根 蒼、山本 真義 令和3年3月号 電子情報通信学会 和文論文誌B レター 特集タイトル:通信の将来を切り拓く学生・若手論文


[8] “13.56MHz High Power Half-Bridge GaN-HEMT Resonant Inverter Achieving 99% Power Efficiency” Aoi Oyane, Thilak Senanayake, Fumiya Hattori, Jun Imaoka, Masayoshi Yamamoto, Mitsuru Masuda, IEEE PEDES 2020 (2020-12-17), Oral, 205, at Rajasthan


[7]「電界&磁界ハイブリッド結合!!反射波も利用できる 走れ!オメガ・ヴィークル」大矢根 蒼、蔵本 大樹、大野 弘道 2020-11-24 2020年度電子情報通信学会 無線電力伝送研究会 動画投稿!移動体ワイヤレス給電コンテスト【受賞:優秀賞(WPT研究会最優秀賞)】


[6]「ヘリカル共振器を用いる新しい電界ワイヤレス給電方式」大矢根 蒼、山本 真義 2020-09-03 令和2年度 電気・電子・情報関連学会 東海支部連合大会 口頭発表 OS05 E2-6


[5]「両端整流を用いた2相磁気結合ACFコンバータによるリアクトルの小型化」大矢根 蒼、青木達也、今岡 淳、山本真義 2020-07-09 電気学会 半導体電力変換研究会 口頭発表 SPC-20-099, pp.37-42


[4]「ヘリカル共振器を組み込んだ電界共鳴ワイヤレス給電の試み」大矢根 蒼、山本真義 2020-03-11 令和2年電気学会全国大会 4-096, pp.153-154


[3] “12V Double-Ended Active-Clamp Forward Converter Realizing Large Output Current and Downsizing by Using Integrated Magnetic Components” Aoi Oyane, Tatsuya Aoki, Masayoshi Yamamoto, Jun Imaoka, Takashi Hyodo, Yuki Ito, Hironori Tauchi, ICMaSS 2019 (2019-11-3), Oral, A8-II-4


[2]「一体化結合磁気部品による12V両端整流型アクティブクランプ・フォワードコンバータの大電流化と磁気部品の小型化の実現」大矢根 蒼、青木達也、山本真義、今岡 淳、兵頭貴志、田内宏憲、伊藤勇輝 2019-09-09 令和元年度電気・電子・情報関連学会 東海支部連合大会 口頭発表 I1-2【受賞:令和元年電気学会優秀論文発表賞】


[1] “Soft-Switching Control Circuit Based on Traveling and Reflected Waves for High-Frequency Resonant Inverter Applicable to Capacitive Load Impedance” Aoi Oyane, Koji Itakura, Kazuhiro Umetani, Eiji Hiraki, Tatsuya Ikenari, Shingo Kawano, (2018) IECON 2018: pp.3051-3056, at Washington DC, Oral



●発表・論文(筆頭以外)

[4]「走行中ワイヤレス給電用電化道路の特性インピーダンス低減方法」蔵本 大樹、大矢根 蒼、山本 真義、2020年3月11日 令和3年電気学会全国大会 口頭発表 4-081, pp.135-136


[3] “Comparison of switching performance between GaN and SiC MOSFET via 13.56MHz Half-bridge Inverter” Yi Xiong, Aoi Oyane, Tengfei Ou, Senanayake Thilak, Jun Imaoka, Masayoshi Yamamoto, (2020) ISIE 2020, Oral


[2]「kHz-MHz帯ワイヤレス電力伝送技術とその応用」今岡 淳、大矢根 蒼、Senanayake Thilak、山本真義、(2020-1-22) Wireless Power Transfer for Practical Application (WiPoT) 第3回シンポジウム 今岡助教の招待講演


[1]「光パルス検出用IC”LIDARX”のシングルイベント特性評価実験」小川誠仁、水野貴秀、梅谷和弘、千秋博紀、大矢根 蒼、池田博一、川原康介、(2018-01)『第18回宇宙科学シンポジウム講演集』レポートNo.P-179 刊行:宇宙航空研究開発機構(JAXA)、宇宙科学研究所(ISAS)



●特許

[2]「⾮接触受電装置および⾮接触給電システム」(電界・磁界ハイブリッドの走行中無線給電方式)大矢根 蒼、山本 真義 (出願中)特願2021-19679、2021年2月10日


[1](L-S回路網を持つハーフブリッジZVSインバータ)大矢根 蒼、増田 満 (申請中)



●学部卒業研究

「負荷が変動する共振インバータのための反射波観測にもとづく制御手法」


●修士論文

「ヘリカル共振器を応用した電界共鳴ワイヤレス給電方式」【受賞:修士論文中間発表会優秀賞】


工学研究科電気工学専攻
未来材料・システム研究所 
未来エレクトロニクス集積研究センター


copyright© 2019 Nagoya University POWER ELECTRONICS LABORATORY All Rights Reserved.