自己紹介

はじめまして,佐々木守です。

学部生までは島根県で,大学院から愛知県名古屋市で過ごしています。

趣味は運動とか読書とかアニメ・映画鑑賞とかです。

最近の悩みは時間が取れずに積ん読していることです。

おすすめの小説は「羊と鋼の森」,おすすめの漫画は「ランウェイで笑って」です。

よろしくお願いします。

研究内容

主に伝導ノイズを対象とした電磁ノイズ対策(EMC)を研究テーマにしています。

発表・論文

International conference

[1] Mamoru Sasaki, Jun Imaoka, Masayoshi Yamamoto, Akira Nakano Koji Fuse, “Common Mode Conductive Noise Cancellation for Multiphase Converter Using Auxiliary Winding”, The 3rd IEEE International Conference on DC Microgrids (ICDCM), Shimane, Japan, May, 2019.

[2] M. Sasaki, J. Imaoka, M. Yamamoto, “Analysis of Common Mode Noise Reduction Mechanism in A Shielded Inductor,” IEEE 29th International Symposium on Industrial Electronics, ISIE2020, Delft, Netherland, June.17-19,2020, pp660-665.

[3] M. Sasaki, J. Imaoka, M. Yamamoto, “Reversed Configuration Boost Converter to Reduce Effective CM Capacitance,” IEEE International Future Energy Conference, IFEEC2021, Taipei, Taiwan, Nov.16-19,2021, pp1-6.

[4] M. Sasaki, J. Imaoka, M. Yamamoto, “An Investigation on the Relationship between CM Noise and Distribution of Parasitic Capacitance,” IEEE International Power Electronics Conference, IPEC2022, Himeji, Japan, May.15-19,2022, pp753-758.


National conference

[1] 佐々木守・今岡淳・山本真義・仲野陽・布施浩司:「補助巻き線を用いた多相コンバータ向けコモンモードノイズキャンセリング」,2019年電気学会産業応用部門大会(JIASC 2019)

[2] 佐々木守・今岡淳・山本真義:「EMI 再現を目指した遺伝的アルゴリズムによるインダクタモデリング技術の検討」,令和元年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会

[3]
M. Sasaki, J. Imaoka, M. Yamamoto, “Measurement Method for Parasitic Capacitance Using Scattering Parameters,” 2022 IEE-Japan Industry Applications Society Conference, Tokyo, Japan, Aug. 30 – Sept. 1, 2022.
佐々木守・今岡淳・山本真義:「Sパラメータを用いた寄生容量の測定方法」,2022年電気学会産業応用部門大会(JIASC 2019)

工学研究科電気工学専攻
未来材料・システム研究所 
未来エレクトロニクス集積研究センター


copyright© 2019 Nagoya University POWER ELECTRONICS LABORATORY All Rights Reserved.